葛飾区

  • POINT1 人口45万人の葛飾区!

    2016年1月現在、約45万人の人口が住んでいる葛飾区。23区の中で9番目に多い人口ということになります。今後は若干、人口が減ると予想されていて、20年後には42万人程度と予測されています。それでも40万人以上の人々が住む大きな区だと言えるでしょう。面積的にも約34.8平方メートルで7番目に大きな区です。

    葛飾区は23区の東部に位置していて、西は荒川を隔てて墨田区と接し、南には江戸川区、北には足立区や埼玉県の八潮市や三郷市があります。一方、東側は江戸川を境にして、向こうには千葉県松戸市があります。

  • POINT2 葛飾区を彩る有名人たち

    葛飾区と言えば、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、いわゆるこち亀の主人公の両さんをイメージする方も多いのではないでしょうか?国民的マンガでもあるので、葛飾区を代表する人物の一人と言ってもいいでしょうね。ですが、この亀有公園は現実にある公園ですが、亀有公園前派出所というのは架空のもので実際には存在していないというのは、ちょっとしたトリビアです。因みにこち亀の漫画家である秋本治は葛飾区の名誉区民となっています。

    さて、葛飾区で忘れてはいけないのが、フーテンの寅さんで有名な「男はつらいよ!」シリーズの映画。48作まで作りつづけられ、国民的に愛された映画と言えます。生まれが葛飾柴又の寅さんは柴又帝釈天の前にある団子屋に戻ってきては騒動を起こすと言う感じで、葛飾柴又と言えばほとんどの人が寅さんをイメージするのではないかと思います。寅さんのおかげで葛飾区は観光地としても人気がある場所となっています。残念ながら主人公の寅さんを演じた渥美清は亡くなりましたが、チャードギアが演じている寅さんのCMも好評です。

  • POINT3 7つの地区に分けられる葛飾区

    葛飾区は大きく分けると、区の最も北にある水元地区、北東に位置する金町・新宿地区、柴又帝釈天のある柴又・高砂地区、亀有駅のある亀有・青戸地区、堀切菖蒲園のある南綾瀬・お花茶屋・堀切地区、それに南西部の立石・四つ木地区、最南部の奥戸・新小岩地区の7つがあります。

    ・水元公園がある水元地区
    水元地区には都内屈指の大きな公園である水元公園があります。広大な敷地の中でのびのびと自然が楽しめる憩いの場となっています。また、地区内には歴史を感じさせてくれるスポットも多く、自然と文化が調和している地区と言えます。落ち着いた住宅地が広がるエリアでもあります。
    ・交通の拠点、金町・新宿地区
    金町駅と京成金町駅があり、乗り継ぎ逆で賑わうのがこのエリア。金町駅を中心にバスも運行されていて、区内の交通の中心的な役割を担っている場所です。また、駅周辺を中心とした商業エリアとしての性格を持っています。
    ・人情味あふれる柴又・高砂地区
    ご存知、寅さんでお馴染の柴又帝釈天のある柴又・高砂地区。映画でも描かれているような人情味あふれる下町的風情が残っている地区です。「男はつらいよ!」の映画のセットが展示されている「寅さん記念館」もあり、柴又帝釈天と共に観光客で賑わう場所でもあります。また、対岸の千葉県との間を結ぶ「矢切の渡し」があるのもこの地区です。
    ・こち亀でお馴染の亀有・青戸地区
    区内でも屈指の商業地になっているエリアです。特に亀有駅周辺は再開発により大きな変貌を遂げたエリアとなっています。かつての商店街が近代的な施設に生まれ変わったわけですが、昔ながらの商店街が残っている場所もあり、それぞれに味わいがあります。駅の北口にはこち亀の両さんの銅像が建てられていて、こち亀ファンには好評です。
    ・菖蒲の季節には訪れたい南綾瀬・お花茶屋・堀切地区
    足立区や墨田区と隣接する区の西部に位置するエリアです。江戸時代から既に名所として知られていた堀切菖蒲園があるのがこの地区。菖蒲園は京成本線の堀切菖蒲園駅のすぐ近くにあるので交通アクセスが良い場所です。また荒川沿いに水辺のスポットである堀切水辺公園があり、散策にも適しています。
    ・区役所のある立石・四つ木地区
    この地区は地理的には荒川と中川の間に挟まれているエリア。葛飾区役所があるのもこの地区です。京成本線と京成押上線が走っていて、この二つが交わるのが青砥駅です。
    ・川に囲まれている奥戸・新小岩地区
    南部は江戸川区と接している、区内で最も南にあるエリアです。西は荒川、北は中川、東は新中川で区切られています。総武本線の新小岩駅周辺が発展していますが、地区内は住宅地として多くの人々が住むエリアと言えます。
  • POINT4 葛飾区は住むのに適しているのか?

    23区内でも都心部からやや離れているため、ベッドタウンとして多くの人々が住む地域です。その点からわかるように居住には適したエリアだと言えるでしょう。葛飾区は交通アクセスが良い場所であると同時に、23区内では珍しく今でも農業が行われていたり、人情味あふれる柴又の存在など、特色ある魅力を備えている区だと言えます。

  • POINT5

  • POINT6

葛飾区 物件一覧

    掲載する情報はございません

エリア別から物件を探す

ページ先頭へ戻る