目黒区

  • POINT1 27万の人が住む目黒区!

    目黒区は人口約27万人(平成28年1月)。これは23区の中で15番目ということになります。どちらかという人口が少ないほうになるわけですが、それでも人口密度は1平方キロメートルあたり18500人ぐらい。23区で人口密度が19000人を超えるのは4つの区しかありません。18000人台は目黒区を含め、4つの区になります。このデータからわかるように目黒区は人口が少ないわりに、人口密度が高い区だということがわかります。これはなぜかというと、目黒区の面積が23区の中で16番目と比較的小さいからです。南端で境を接する最も大きな面積を持つ大田区の4分の1の大きさ。また西部は区内で2番目の大きさを持つ世田谷区と接しています。このように大きな区と接していることから、目黒区はこじんまりとしている印象があります。20年後の予想人口は現在よりやや減少し、26万5千人程度になると予測されています。

    地理的に見ると23区の中で南西に位置しています。武蔵野台地にあることから台地の部分と谷から形成されている部分があり、そのため坂が多くアップダウンの多いのが特徴です。前述の大田区、世田谷区のほかに渋谷区や品川区と境を接しています。よく勘違いされるのが目黒駅。ここを目黒区だと思っている人もいますが、目黒駅があるのは品川区なので、間違えないようにしましょう。東急東横線の中目黒駅は目黒区にあり、目黒区役所の最寄駅となっています。この目黒区役所のあるあたりが大体、目黒区の真ん中です。区の中心部分ということもあり、行政の中心でもあり、繁華街が広がっている地域でもあります。

  • POINT2 目黒区の5つのエリアとその特徴は?

    目黒区は以前存在した目黒町と碑衾(ひぶすま)町が合わさってできました。かつてあった4つの村である三田村・上目黒村・中目黒村・下目黒村が目黒町の母体となり、碑文谷村、衾村の2つの村が碑衾町の母体となっています。目黒区は中央地区を中心に北部地区、東部地区、南部地区、西部地区と大きく5つに分けることができます。以下、その特徴を簡単に説明します。

    ・中央地区
    このエリアの北部が上目黒となります、区役所もこのエリアにあります。地区の真ん中あたりを東西に駒沢通りが通っています。この地区には東急東横線が走っていて、祐天寺駅や学芸大学駅があるのですが、学芸大学駅といっても、学芸大学自体は半世紀前に多摩方面に移っているため、この地域には存在していません。
    ・北部地区
    北部地区には京王井の頭線の駒場東大前駅があり、東大の駒場キャンパスが広がっています。天下の東大のキャンパスがあるわけですから、なんとなくアカデミックな風情が漂う場所です。この駅は渋谷駅からわずか2駅と都心とのアクセスも良い場所です。日本近代文学館もこのエリアにあり、近代文学に関する貴重な資料が収集、保存されています。
    ・東部地区
    中目黒、下目黒を含むエリアです。中目黒駅周辺は飲食店なども多い商業エリア。駅周辺は再開発も行われており、中目黒ゲートタウンやアトラスタワーが知られています。交通アクセスも良いことから住宅エリアとして便利な場所といえます。ただそうしたことから、家賃相場がやや高いのが難点。地区をおよそ南北に山手通りが走っています。
    ・南部地区
    目黒通りの南にあるエリアです。住宅街が広がっているエリアで南は品川区や大田区と接しています。この境界あたりに東急目黒線が走っているので、交通アクセスも悪くありません。
    ・西部地区
    東急東横線が走っていて、都立大学駅や自由が丘駅があります。東京都立大学(現在の首都大学東京)は以前に多摩エリアに移転しているため存在しておらず、駅名に名残をとどめているだけなので注意。エリアの真ん中を東西に目黒通りが走り、さらに北部には平行して駒沢通りが走っています。また南部は東急目黒線の駅も二駅あります。女性に人気がある自由が丘があるのがこのエリア。おしゃれなスポットとしての人気は健在です。
  • POINT3 目黒ブランドは健在?

    目黒区は基本的には住宅エリアが広がっているエリア。夜の人口より昼間の人口が増加することから、典型的なベッドタウンという感じの区ではありません。それは他のベッドタウンとなっているエリアより都心部に近いことによります。ただ、都心的なビジネスエリアというわけではありませんし、レジャーエリアというわけでもありません。ですから、やはり住宅エリアというのが適しているでしょう。いずれにしても都心に近いという面では住みよいエリアだと言えます。住みたい町としての目黒ブランドは健在ですが、ちょっとした買い物など日常の利便性という点ではやや不便という指摘もあります。そうした中でも自由が丘は今でも女性に人気のエリア。田園調布のような金持ちの豪邸というイメージではなく、親しみやすいおしゃれな街ということで、一般のOLでも手が届きそうなところが人気の秘密かもしれません。

  • POINT4

  • POINT5

  • POINT6

目黒区 物件一覧

  • 目黒区

    ur

    中目黒ゲートタウンハイツ

    代表的な間取り
    住宅形式:1LDK
    床面積:57平方メートル
    築年数:2002年04月
    月額家賃:230,200円
    共益費:8,500円

    Read More

  • 目黒区

    ur

    中目黒アトラスタワー

    代表的な間取り
    住宅形式:2LDK+1S
    床面積:67平方メートル
    築年数:2009年11月
    月額家賃:340,000円
    共益費:12,200円

    Read More

  • 目黒区

    ur

    恵比寿ビュータワー

    代表的な間取り
    住宅形式:1K
    床面積:44平方メートル
    築年数:平成6年9月
    月額家賃:195,700円
    共益費:6,000 円

    Read More

エリア別から物件を探す

ページ先頭へ戻る