練馬区

  • POINT1 23区内で2番目の人口を持つ練馬区

    練馬区は、2016年現在で人口が約72万人、世帯数はおよそ30万戸と、東京23区内では世田谷区に続く第2位にランクインしている大きな区です。面積は48.08km²と23区内で5番目ながら、その人口数を見るといかに練馬区が居住地として人気が高いかがうかがえます。

    今後、練馬区では人口がどのように推移していくのかを見ると、東京オリンピックが開催される2020年にはおよそ73万人、2025年に微増するのをピークに、2030年、2035年にかけては約72万人に戻ると予測されています。このように、約20年後も練馬区は世田谷区に次ぐ人気居住地エリアとしての地位をキープし続けるでしょう。

  • POINT2 練馬区の5つのエリア

    東京都23区の西北に位置する練馬区は、都心部と違いたくさんの緑を有する、ゆったりとした雰囲気を持っています。この練馬区、中でも人気の高い大泉学園町エリア、石神井エリア、南大泉エリア、東大泉エリア、関町エリアの5つに分けて見てみましょう。

    ・桜並木が有名な「大泉学園町エリア」
    大泉学園町エリアは春になるとピンク色に染まる美しい桜並木があり、その素晴らしさゆえ練馬区の名所ともなっています。整然と区画された街にはバスが網の目のように走っているため、公共交通機関でのお出かけがとても便利です。公園が多く、家賃も他のエリアに比べて安価なため、若いファミリーに人気です。
    ・高級住宅地「石神井エリア」
    練馬区で1番の高級住宅地である石神井エリアには、著名人も多く暮らしています。教育熱心な親御さんには人気のエリアで、中でも光和小学校は「ここに通いたいがために区域を住み替える」という人もいるほどです。駅の近くは低層住宅地域に指定されており、和やかで落ち着いた街並みが続きます。
    ・閑静な人気住宅街「南大泉エリア」
    最寄り駅である保谷駅を中心に広がる南大泉エリアは、東京23区に居住しながら多くの公園や田畑に囲まれのんびりとした暮らしが実現できるエリアです。練馬区を象徴するような風景に、一度住んでしまうと離れがたい魅力を感じるようです。都心までの交通アクセスのよさと住環境のよさで練馬区内では不動の人気を誇る地域です。
    ・街のカラーがさまざまな「東大泉エリア」
    東大泉には、高級住宅が並ぶ3丁目と文教地区である5丁目、再開発がすすむ7丁目など、丁により特色が異なるのが特徴です。3丁目は高級住宅地としてブランド化しており、一般的な戸建て用土地のサイズはあまり売りに出されることがないようです。東京学芸大学がある3丁目はアカデミックで落ち着いた雰囲気。このように、東大泉エリアはさまざまなカラーを有する街です。
    ・恵まれた住環境「関町エリア」
    練馬区の最南に位置するのが関町エリアです。武蔵野市、杉並区に面しており、どちらへも容易にアクセスが可能。武蔵関公園という大きな公園を有し、休日はのんびりと散策できる環境が整っています。
  • POINT3 練馬区は住みやすいのか

    練馬区は、東京都23区でも東京都内でも「住みたい区」トップを誇る人気です。それだけ練馬区「住みやすい」区だといえるのでしょうが、どんなところが具体的に住みやすいと思われているのか検証してみましょう。

    練馬区は、緑被地に公園裸地と水面を加えた面積が区域の面積に占める割合である「みどり率」が26.9%(2012年)です。実は練馬区の面積を占めるのは住宅街だけでなく、農地や公園も広がっています。農地面積が23区第1位の練馬区では、名産品である練馬大根やキャベツのほか、ブロッコリーや植木が栽培されており、他と比較しても農業区であることが伺えます。また、公園の数も600を超えるなど、区民の憩いの場がそこかしこに点在していることを示しています。

    練馬区は東京23区の北西に位置し、一見すると都心部からは離れているため、交通の利便性が悪いと思われがちです。しかし、東京メトロ副都心線が開通してからは、新宿・渋谷といった都心部へ乗り換えなしでアクセスできるようになったことから、緑が多く落ち着いた住環境に加え、都心部への交通利便性が抜群によいという大きなメリットが加わることになりました。練馬区へは、ほかにも西武池袋線や新宿線、都営地下鉄、東武東上線などが乗り入れており、多方面へのアクセスが出来るので、実は結構便利なのです。

    そして、練馬区は今やクールジャパンの象徴にまで数えられる「アニメ」の発祥地でもあります。日本で初めてカラーの長編アニメを製作した東映アニメーションや、90以上ものアニメ関連企業が集まる練馬区は、昔から漫画家が多く住む場所としても有名でした。「鉄腕アトム」などを描いた手塚治虫はすぐ隣の豊島区にあるトキワ荘に居住していましたがそこから近いということで、手塚治虫に憧れる漫画家が多く練馬区に住んでいます。松本零士、ちばてつや、赤塚不二夫など、日本を代表する多くの漫画家は、練馬区に永住または一時居住していると言われています。

  • POINT4

  • POINT5

  • POINT6

練馬区 物件一覧

  • 練馬区

    ur

    パークサイド石神井

    代表的な間取り
    住宅形式:2LDK
    床面積:58平方メートル
    築年数:1997年9月
    月額家賃:109,500円
    共益費:7,400円

    Read More

  • 練馬区

    ur

    光が丘パークタウン 四季の香弐番街...

    代表的な間取り
    住宅形式:3DK
    床面積:60平方メートル
    築年数:1988年4月
    月額家賃:138,800円
    共益費:3,500円

    Read More

  • 練馬区

    ur

    光が丘パークタウンいちょう通り八番街...

    代表的な間取り
    住宅形式:3DK
    床面積:61平方メートル
    築年数:1986年3月
    月額家賃:137,000円
    共益費:3,600円

    Read More

  • 練馬区

    ur

    光が丘パークタウン 大通り中央...

    代表的な間取り
    住宅形式:3LDK
    床面積:71平方メートル
    築年数:1992年3月
    月額家賃:171,700円
    共益費:5,400円

    Read More

  • 練馬区

    ur

    光が丘パークタウン プロムナード十番街...

    代表的な間取り
    住宅形式:3DK
    床面積:63平方メートル
    築年数:1989年4月
    月額家賃:139,500円
    共益費:5,300円

    Read More

  • 練馬区

    ur

    光が丘パークタウン 大通り南...

    代表的な間取り
    住宅形式:2LDK
    床面積:69平方メートル
    築年数:1987年3月
    月額家賃:131,700円
    共益費:4,100円

    Read More

エリア別から物件を探す

ページ先頭へ戻る