品川区

  • POINT1 平均的な区である品川区

    23区の中で海に面している区が6つありますが、その内の一つが品川区です。東京23区の中には面積が大きい区もあれば、小さい区もあります。人口が多い区、人口密度が高い区もあれば、その逆もあります。そういった意味で言えば、品川区は全体的に真ん中どころにある平均的な区と言えそうです。

    例えば、面積は約23平方キロメートルということで、23区中10番目。現在の人口は38万人弱(平成28年1月現在)ですが、これも23区の中で10番目となっています。今後20年間も大体、36、37万人ぐらいで推移していくと想定されています。因みに人口密度は11番目です。その他の項目を見ても、大体、真ん中どころの順位になることが多いのが特徴です。

    しかし、昼間の人口だけ見ると、上記の人口の1.5倍ほどに膨れ上がるとされています。つまり、周辺の市町村区から通勤や通学のためにやって来る人が多い地域なのです。これは都心型の人口構造の特色ですが、品川区にもそうした傾向が見られるということです。

  • POINT2 東海道の宿場町として栄えた品川宿

    品川区はかつて、東京日本橋から京都の三条大橋へとつながる東海道の宿場町の一つとして栄えました。一般に東海道53次と呼ばれる53の宿がありましたが、日本橋を出た後、最初の宿場がこの品川宿でした。江戸の周辺の宿の中でもとりわけ繁栄し、今風に言えば一大歓楽街ともなっていました。こうした歓楽街としての側面は明治時代になってからも変わらず、戦後の一定の時期まで続いていました。

  • POINT3 5つの地区から成り立つ品川区

    品川区は品川、大崎、大井、荏原、八潮の5つの特色ある地区から成り立っています。以下、それぞれ紹介していきます。


    ・臨海地区が発展している品川地区
    JR品川駅周辺は大変賑やかな商業地で、品川区の中心と思われがちですが、実は品川駅があるのは港北区という意外な結果にビックリする人も多かったりします。ただ品川地区にもオフィスビルが立ち並ぶアーバン的な雰囲気を持つ地域はたくさんあり、旧東海道の歴史を感じさせるスポットも併せ持っている魅力的な地区です。
    また、再開発で生まれた品川シーサイドフォレストはりんかい線の品川シーサイド駅から直接、行くことができる施設であり、ショッピングやビジネススポットとなっています。同様に臨海部の再開発で出来た天王洲アイルもりんかい線の天王洲アイル駅に出来たスポットです。オフィスビルやタワーマンションが立ち並ぶエリアで、居住、レジャー共に楽しめる場所となっています。
    ・副都心の一つ大崎地区
    品川区の北西にあるエリアです。東京都は7つの副都心を指定していますが、大崎副都心はその内の一つです。その他の副都心としては新宿、池袋、渋谷などがありますが、大崎はそうした地域とのアクセスも良く、近年、発展しているエリアと言えます。大崎駅周辺はビルが林立し、活気のある地域となっています。代表的な複合ビルとしては大崎ニューシティやゲートシティ大崎、ThinkParkなどがあり、新しいところとしては大崎ウィズシティがあります。また、大崎駅南口にある大崎ウエストシティタワーズは品川区のタワーマンションとしては最大クラスとされています。
    大崎駅周辺以外にも清泉女子大のある五反田など賑わいのある場所もあるエリアです。
    ・魅力的なスポット満載の大井地区
    東海道線大井駅の周りも発展しているエリアの一つです。品川区役所も大井駅の近くにあります。都会のオアシスとして人気のあるしながわ水族館もこの地区にあります。イルカやアシカのショーで知られています。それ以外にも大森貝塚遺跡庭園や品川歴史館などがあるので、歴史に興味のある人は是非、訪れてみると良いでしょう。また、大井競馬場があるのもこの地区です。
    ・情緒漂う荏原地区
    品川区の南西部に位置しているのが荏原地区です。活気のある商店街が象徴する情緒のある地域です。この地区内には鉄道として東急池上線や東急目黒線、東急大井町線、都営浅草線などが縦横に走っているため駅も多く、居住エリアとして便利の良い場所となっています。特に戸越銀座や武蔵小山などの駅周辺は商業地として賑わいのある場所となっています。町工場も多く、庶民的なエリアが多くを占めている地域と言えるでしょう。
    ・海に面した八潮地区
    八潮地区には海上物流の集積地である大井ふ頭があります。また、大規模な団地が作られていて、多くの人々が居住するエリアでもあります。いくつかの公園も設置されているほか、学校や図書館などもあり、住むのに適したエリアとなっています。
  • POINT4 品川区の住みやすさは?

    5つのエリアから成り立っている品川区はそれぞれが個性的な発展をしてきたエリアであり、ライフスタイルに合わせてどこに住むか決めると良いでしょう。都心型のビジネスエリアとしての側面と居住エリアとしての側面を併せ持つ品川区。ショッピングやレジャースポットも多く、住みやすいエリアと言えます。

  • POINT5

  • POINT6

品川区 物件一覧

  • 品川区

    ur

    東品川一丁目

    代表的な間取り
    住宅形式:3LDK
    床面積:79平方メートル
    築年数:1971年9月月
    月額家賃:102,800円
    共益費:3,500円

    Read More

  • 品川区

    ur

    品川八潮パークタウン潮路南第一ハイツ...

    代表的な間取り
    住宅形式:3LDK
    床面積:71平方メートル
    築年数:1983年3月
    月額家賃:149,600円
    共益費:4,020円

    Read More

  • 品川区

    ur

    品川八潮パークタウン 潮路北第二ハイツ...

    代表的な間取り
    住宅形式:3DK
    床面積:69平方メートル
    築年数:1983年8月
    月額家賃:129,000円
    共益費:4,300円

    Read More

エリア別から物件を探す

ページ先頭へ戻る