豊島区

  • POINT1 23区内で最も人口過密な豊島区

    豊島区は人口28万人(平成28年1月時点)。これは23区の中で13番目ということで、どちらかと言うと少ない人口のほうになりますが、人口密度は1平方キロメートルあたり2万1千人を超えており、23区中最も高い数値となっています。面積的には13.01平方キロメートルで18番目の大きさ、つまり小さな面積の割には多くの人が居住していることから、人口密度が高くなっているのです。今後の人口予測としてはこれから20年間にわたって、大体28,、29万人ぐらいで推移すると見込まれています。

    自治体として見た場合、23区内だけではなく、全国的に見ても最も高い人口密度を誇る豊島区ですが、これは夜の人口を基に計算しています。しかし、都心部と言うことで、昼間は夜の1.6倍もの人々が豊島区に集まっています。ですから、昼間の人口から考えると、本当はさらに高い過密さと言うことになります。

  • POINT2 日本屈指の大都会としての豊島区

    都内でも23区はまさに東京の中心と言える場所です。その23区の中でさらに都心部と言えるのがこの豊島区を含めて5つ区(ほかの4つの区は新宿区、千代田区、港区、中央区)となります。世界に冠たる大都市である東京。その中で豊島区は大都会東京の心臓部の一つなのです。

    ・豊島区の中心である池袋駅
    豊島区の中心となるのは、やはり池袋です。池袋駅を中心に広がっているエリアですが、JR以外に東武、西武、東京メトロの各線が乗り入れてます。新宿と並ぶ都心部だけあり、この池袋駅の乗降者数は新宿駅に次ぐ2位となっています。その数、JRだけで一日平均50万人を超えていて、その他の私鉄や東京メトロもいれると100万人を超えています。
    ・池袋サンシャインシティ
    池袋と言えば、超高層ビルをイメージする方も多いでしょう。そのイメージを担っているのがサンシャインシティです。5つのエリア(サンシャイン60、プリンスホテル、ワールドインポートマート、文化会館、専門店街アルパ)から成る複合施設で、ビジネス、ショッピングはもちろん、宿泊、文化、レジャーなどあらゆる機能が揃っています。

    例えば、サンシャイン60には展望台があるため多くの人が訪れます。また、ワールドインポートマートにはサンシャイン水族館やテーマパークのナムコ・ナンジャタウン、J-WORLD TOKYO、プラネタリウムであるコニカミノルタプラネタリウム満天 in Sunshine Cityがあります。また、文化会館には古代オリエント博物館やサンシャイン劇場などが入っています。このようにサンシャインシティはレジャースポットとして多様な楽しみ方が出来る場所と言えます。
    ・地上49階の高層ビルにある豊島区役所
    豊島区役所は超高層マンションである池袋の「としまエコミューゼタウン」の中にあります。マンションと市役所が一体化している施設となっているのが特長です。建物自体は49階までありますが、このうち市役所として使われているのは、1階の一部と3階から9階までとなります。
    ・お年寄りに人気の巣鴨
    別名、おばあちゃんの原宿とも言われるのが巣鴨です。その名の通り高齢者をターゲットとした商品が売られています。テレビ番組でもお年寄りにスポットを当てる場合、よくロケが行われたりしていますが、とげぬき地蔵のある高岩寺の近くにある巣鴨地蔵通り商店街あたりがメインエリアと言えます。
    ・学習院大学のある目白
    目白は豊島区の西にある地域ですが、幼稚園から大学まである学習院がある地域として有名であり、また閑静な住宅街が広がっていることでも知られています。皇族ゆかりの学校ということもあり、雅な雰囲気を持っています。よく間違われるのが故田中角栄首相が住んでいた目白御殿。これは文京区目白台にあり、豊島区ではありません。
    ・多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園
    南池袋には都立の雑司ヶ谷霊園があります。ここには、夏目漱石や小泉八雲、泉鏡花や永井荷風など多くの文豪を始め、竹久夢二や東郷青児などの画家やジョン万次郎、東条英機など多彩な人たちが眠っています。

    同じく豊島区駒込にある都営の染井霊園には水戸徳川家の墓がありますが、それ以外に二葉亭四迷、高村光雲・高村光太郎、岡倉天心などの墓もあります。この辺りは昔、染井村があった場所ですが、桜のソメイヨシノは江戸時代に染井村の植木屋が作りだしたという説が有力です。つまり、この辺りがソメイヨシノ発祥の地ということになります。
  • POINT3 都心としての豊島区

    豊島区は池袋を中心とした都心部ですが、目白などの閑静な住宅街以外にアパートなどの居住エリアも多く、そのため人口密度が高いエリアとなっています。都心部はどうしても商業エリアというイメージが強くなりますが、意外に居住エリアもたくさんあるのです。そのため、いろんな顔を持つのが豊島区の特徴と言えるでしょう。もちろんレジャースポットもありますが、遊園地として知られている「としまえん」は豊島区ではなく、練馬区にあるので間違えないようにしましょう。

  • POINT4

  • POINT5

  • POINT6

豊島区 物件一覧

    掲載する情報はございません

エリア別から物件を探す

ページ先頭へ戻る